So-net無料ブログ作成

求めよ、さらば与えられん。 [報告]

こんにちは、メンバーのN(R)です。
自分の思うコンポステラってどういう所なんだろうか、の続きです。
今度は、より私個人の経験を交え記していきます。
(事業所のブログで自分語りをするのはどうかな、と思ってきたのですが)。

以前働いてた時、私は自分の障がい(発達障がい)を全く知りませんでした。
そのため、今にして思えば多くは特性による仕事の困難(手を抜いてるわけじゃないのになかなかスピードが速くならないなど)に対し、どう工夫していけばいいのかもよくわからず、職場に配慮を求めることもできませんでした。

「自分は職場で果たすべき役割を果たせていない」
「自分が職場にいることは悪いことなんじゃないか?」
「自分はこの職場にいちゃいけないんじゃないか?」
そんな思いに駆られるようになり、就職活動への一歩を踏み出すことがなかなかできなくなっていきました。

コンポに通う中で就労に向けて動き出そうかと思うようになっても、実際の一歩を踏み出すのに躊躇してしまう自分がいました。

そんな中、担当のKさんは

「N(R)さんの場合は時が解決する問題ではないと思います」
「N(R)の抱えてる(仕事以外も含めた)問題は働くことで解決していく事が大きいと思います」
「まずは、動いていきましょう」

と、粘り強く背中を押し続けてくれました。
そのおかげで(何度かよろけたりしながらも)踏み出し、トライすることができたんだと思います。
(こう言うとKさんは「僕は何もしてないです」「背中を(押すじゃなく)蹴っ飛ばしたようなもんです」とおっしゃいますが。)


「求めよ、さらば与えられん。」(新約聖書「マタイによる福音書」にある言葉です)

就職が決まり頭に浮かんだのはこの言葉です。スタッフさんに真摯に向き合ってもらうことで、「進んでみよう」と勇気を出せるようになり、一歩踏み出しだしたことが今につながっているんだなと感じています。

「自分には働くなんて無理なんじゃ?」
「一歩踏み出すことなんてできない…」
「でも、……働きたい」

こう思ってる方に真摯に向き合い後押しをしてくれる。

私にとってコンポステラはそういう所です。




追記:
聖書の言葉を引っ張り出してしまいましたが、私の家は全然信仰深くない仏教徒です(爆)。


コンポステラのキーワード [報告]

こんにちは、メンバーのN(R)です。今回は連投でお送りします。
突然ですが、某企業の事務スタッフに採用が決まり今日でコンポを卒業することになりました。
担当スタッフのKさん、「コンポステラのアイドル」の二つ名を持つMさんのサポートもあり、面接を受けたその日に採用の連絡をいただきました。

こう言うとすかさず
「違います!!N(R)さんの一歩を踏み出した勇気です!!」
と、担当のKさんから鋭く突っ込まれるのですが。

最後に、自分の経験を振り返ることを通して、コンポステラってどういう所なんだろうか、私個人の思う所を記しておこうと思います。
私は、プログラムを始め、コンポステラにはあるキーワードがあると感じています。
その言葉は「希望」です。

一番特徴的なのはコンポのプログラムの一つ「WRAP」でしょう。「WRAPって何?おいしいの?」という方はコンポのHPに説明があるのでそちらを見て頂ければと思います(http://compostela2010.web.fc2.com/puroguramu.html)。WRAPは複数回にわたるプログラムで、最初に取り上げられるのが「希望の感覚」です。希望を感じるときってどんな時だろう?という所をすごく大事にしているプログラムだ、と私は感じています。

WRAPに限らず、SSTなどほかのプログラムや面談などでも、
「自分は何を望むのか?」
「自分は何をしたいのか?」
を大切にしています(あくまで私の感想です)。

なので、スタッフから
「○○さんは××なんだから△△の仕事に就きましょう(就きなさい)」
などと指示されることはありません。

「○○さんに向いてると思う、△△って求人があるんですけどどうですか?」
と提案を受けることはありますが、どうするか決めるのは、あくまでも利用者にゆだねられています(実際、私自身何度か断ったことがあります)。

「提案してもらって断ったら気まずくなるんじゃ…?」
と思われる方も言うかもしれませんが、スタッフの皆さんは、
「どんな仕事に就きたいのか?」
「何を大切にしたいのか?」
を第一にサポートしてくれています。

次に続きます。

新スタッフの横顔~Mさんの場合~ [日常]

こんにちは、メンバーのN(R)です。
実はコンポでは新スタッフに2月からMさん、4月からSさんが加わっています。
そこで、今回は不肖N(R)のインタビュー形式でMさんの紹介記事をお伝えいたします。Mさんは(よく頭を抱えて落ち込まれたりしてますが)常に一生懸命な、とても素敵な女性です(なお、声を大にしてお伝えしますが、コンポの女性スタッフの方はどなたも素敵です)。
名言は「地雷は踏み抜くもの」。
……。
Mさんの人となりの一端が伝わればいいなぁ、と思います。


―月並みな質問なんですけど、以前はどのようなお仕事をされていたんですか?
M:前職は(高齢者の方が中心の)病院の、医療ソーシャルワーカーでした。

―となるとコンポとはかなり違うお仕事ですし、結構思い切って転職した、っていう感じですか?
M:そうですね。思い切った転職…?ていうか、思い切った転身ですっていう風に履歴書にも書いた記憶があります。

―なるほど。コンポの第一印象ってどんな感じでした?
M:それって、面接に来た時の第一印象ですかね?それとも初出勤の時の第一印象ですか?

―それは、どちらでも、構わないと思います。
M:初出勤の時の第一印象は、ああやっぱりみんな若いな、ていう感想を。みんなが自分で自分の意志でそこにいるっていう姿がいいなって思いました。
面接のときの印象は「臼と杵」でした。ドアを開けると臼と杵があって、私の頭には想定してなかったので、ドアを出て「ここだよね」と確認してもう一回入ったら臼と杵があって(笑)。「…まあどうもありがとう」というか。…そのあとのことは記憶にございません(苦笑)。

―印象は変わりましたか?
M:変わらないですね。自分の意志で将来をつかもうという(印象)、それは変わらないです。

―コンポのプログラムに対する感想はいかがですか?
M:みんな一生懸命取り組んでますね。今は空回りすることもありますが、(私自身)すぐでなくてもみんなの将来に役に立つものを提供できるようになりたいなと思っています。

―そういえば、普段お話しさせてもらう中で(Linuxの話題とか)パソコン・IT系に強い方だなぁと感じてるのですが?
M:強い…?自分の認識では知らないよりは知っているんだろうなぁというくらいです。ネットワーク系のOSで(Linuxとか)UNIX系は私の中では一般的な知識だと思っていたんですが…?自作を組んでみたことがあったり、なんだかんだPCが好きで、使わない生活を考えられないくらい当たり前になってますね。

―趣味について教えていただけますか?
M:車の運転が好きですね。ガソリン代を気にしなければ月1で遠出したいですが、高いのでなかなかできずにいます。PCは好きで毎日いじってますね。Windows7以降は(ハードの方が)オーバースペックになっているのでシステム系はあんまりいじらないです。何かするとなるとPCを使うことを考えます。

―最後に今後の意気込みなどお願いします。
M:今は日々の物事に一杯一杯で、自分の中で消化できていないことも多いので、まずはそれを消化していきたいなと思っています。それと皆さんのこの先に影響を与える仕事なので生半可なことはできないなと思っています。私にできることは伝えていきたいので声をかけていただければと思います。

―今回は、どうもありがとうございました。

自分の非力のため、記事ではほんの少ししか盛り込めていませんが、インタビューの中でMさんの利用者に対する真摯な思いに触れ、「うし、頑張ろうっ」とN(R)の励みになりました。Mさん、本当にありがとうございました。また、インタビューしたのは先月だったのですが、私自身の就職活動で一杯一杯になってしまい遅れに遅れてしまいました。遅れてしまい大変失礼いたしました。

春のレクレーション [行事]

こんにちは。
今回のブログは、“そら豆”が前回ブログ更新してくれたN(R)さんのスーパーサポートを受けながら更新させていただきます。

前回、お伝えしましたが、BSTで決まった日帰り温泉に行ってきました。
実行委員が発足され、定山渓鶴雅リゾートスパ森の詩に決まりました。

3月28日(金)に実施され、当日は天候も良く行楽日和で、スタッフ含めて総勢25名の参加でした。

到着早々、豪華なエントランスに迎えられ、驚きとため息の連続でした。
エントランスの写真 R.jpg

中でも水のカーテンは芸術的で、スタッフTさんとそら豆は本物かどうか確かめてしまいました。


その後、ビュッフェに向かい、優雅な雰囲気の中80分のバイキングを堪能いたしました。
中でも、森の詩特製の骨付きポークのスペアリブや、パンやスイーツ、サラダ、中華などなど、旬の食材を豊富に使った美味しいお料理をいただいてきました。

ビュッフェの写真 R1.jpg

ビュッフェの写真 R2.jpg



その後、自由になり、温泉に入る人や、今回コンポステラ側で貸し切った大広間で、そこでトランプをしたり、昼寝をしたりする人がいて、各自自由に過ごすことができました。

春のレク_トランプの写真2.jpg



15時30分のバスに乗り、無事に帰ってきました。

当日、所長Kさんの配慮により、バスに乗るのが苦手な人のために、施設の車も出してくれました。
所長感謝です!!

また、コンポステラには実行委員長をすると、内定するというジンクスがありますが、今回の実行委員長も例にもれず、就職が決まり、無事にご卒業されて行きました^^

Sさんお疲れ様!!
そして、おめでとうございます。

余談ですが、かくゆう実行委員を務めさせていただいた、そら豆もお花屋さんの短期アルバイトの面接に無事合格いたしました。

めでたいめでたい!!

春ですね~♪

ぜひ、就職を希望される方は、チャレンジしてみるといいかもしれませんね♪

1月23日にブログ更新されたYさん、実行されましたよ!

それでは、また。